スポンサーリンク

大阪杯予想 ダービー卿CT回顧  

スポンサーリンク

こんにちは、田原誠一です!

 

ここでは3月31日(日)に行われるGⅠ大阪杯の予想と

GⅢダービー卿CTの回顧をしていきます。

 

f:id:seiichi-tabara:20190327014812j:plain

 

 

www.seiichi-tabara.com

ダービー卿CT 回顧

クールですね、川田ジョッキー(笑)

ハイペースの流れの中で前目に付け、直線では1頭他馬を寄せ付けない走り。

フィアーノロマーノは強い競馬をしました。

人気になる事を嫌って僕は本命から外しましたが、いやぁ~、来ましたね(笑)

 

僕の本命だったジョーストリクトリはスタートでロスがあり、

柴田善ジョッキーは上手くリカバーしたのですが、ハイペースに飲み込まれてしまいました。

結果的には勝ち馬とは力が違った印象です。

 

注目馬のダイアトニックは最後よく伸びてきていましたが、道中の位置取りが少し後ろ過ぎたでしょうか。

しかし今日は、まだまだこれからの伸び代を感じさせる走りを見せてくれました。

 

大阪杯 (阪神 芝 2000m)

さてGⅠ大阪杯です。

超豪華メンバーが揃いました。ワクワクするメンバーですね。

 

早速ですが僕の本命はステルヴィオです。

前走の中山記念はタイム差なしの惜しい3着。

3角(3コーナー)~4角(4コーナー)で外を回される形となり、直線を向いてからは勝ち馬のウィンブライトが邪魔になる場面がありました。

それでも上がり最速の猛烈な差し脚でクビ、アタマ差まで持ってきています。

 

ロードカナロア産駒のマイルGⅠ勝ち馬。

2018年シーズン、ルメールジョッキーがクラシックのコンビに選んだ馬です。

前走から丸山元気ジョッキーに乗り替わりとなりましたが、騎乗に不満点はありませんでした。

丸山ジョッキーは今年重賞3勝。強い馬に乗ってきっちりと結果を出せています。

デビュー11年目。このあたりで初のGⅠ獲りがあってもいいのではないのでしょうか?

今回可能性・チャンスは十分にあり得る馬です。

 

相手にはブラストワンピース、キセキ、ワグネリアン、ペルシアンナイト、サングレーザーを選びます。

 

本命はブラストワンピースと迷いましたが、ステルヴィオとしました。

 

ブラストワンピースはもちろん強い馬だと思います。

文句なしの実力馬です。

当日はおそらくパンパンの良馬場という事はないでしょう。

ハービンジャー産駒のこの馬にとっては大きくプラスのはずです。

本命にしなかった理由は単純で、前走有馬記念からの斤量増を嫌ったのと、

ステルヴィオの前走の差し脚のインパクトの方が大きかった事です。

 

豪華メンバーによるGⅠ、発走が楽しみですね☆

 

 

コチラから読者登録よろしくお願いします!

 

それでは本日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

田原誠一

 

 

 

 

スポンサーリンク