スポンサーリンク

大阪杯 回顧

スポンサーリンク

こんにちは、田原誠一です。

 

4月1日になって、今日いよいよ新元号が発表されましたね。

令和

初め見たときには衝撃でしたが、なんだか早くも馴染んできたような気がします(笑)

みんなで素晴らしい時代にしていきましょう!

f:id:seiichi-tabara:20190401211222j:plain

さて、今日は大阪杯の回顧をしていきたいと思います。

大阪杯

1着はアルアイン

北村友ジョッキー、悲願のGⅠ初制覇、本当におめでとうございます!

 

9番人気という低評価を覆しての勝利、見事です。

道中内でジッと脚を溜め、直線に向いてからもジョッキーはしばらくアクションを我慢していました。

4角(4コーナー)を曲がる時にはもはや1頭だけ手応えが違いましたね。

最後まで渋とく粘って、2着のキセキ、3着のワグネリアンの追撃を振り切りました。

 

アルアインの勝利は衝撃的で、ゴール前は

「友一~!!」と思わず声が出てしまいました。

 

そしてもう一つ衝撃だったのは、僕の本命馬ステルヴィオが直線でズルズルと後退していったこと(笑)

 

ん~、これはどういう事なんでしょうか。

距離が長かかったんでしょうか。

直線を向いてからはもはや競馬をやめているかと思うくらいの後退ぶりでした。

 

まずはしっかりと休んで、短いところでまた応援したいと思います。

まだ4歳です。まだまだ次があります。僕は応援し続けますよ!

 

丸山ジョッキーも今回の事でめげる事なく頑張ってほしいと思います。

ぜひ今年どこかでGⅠを獲ってもらいたいです。

 

さて、大阪に住んでいる僕は昨日は現地に応援に行きたかったのですが、諸事情で断念、

彼女と一緒に大阪市内のウィンズで観戦する事になりました。

僕の彼女はまだあまり競馬に詳しくなく、昨年秋に京都競馬場にて初めて馬券を購入、

僕の説明が下手なのか、いまだに何度説明しても馬単と馬連の違いがわからないくらいの感じです(笑)

騎手の事もまだ知ろうはずがなく、

ルメール、デムーロは名前はわかるけど、昨日もアーモンドアイの上でガッツポーズするルメールジョッキーを見て「デムーロさん」という感じでした(笑)

それでも単勝、複勝はようやく最近覚えてきたようで、

ウィンズで買い方の思案に耽る僕を尻目に、さっさと馬券購入を済ませた彼女が手に携えていたのは、マカヒキとキセキの単複でした。

そしてブラストワンピースを含めた3頭の三連複1点。

オッズも当然わからない彼女の情報はパドックのみ(笑)、究極の相馬眼勝負ですね(笑)

 

マカヒキの猛烈な追い込みには感動しました。

岩田騎手の気迫溢れるグッドライディング。

なんなんですかね、あの騎乗は。

気迫というか、恐さすら感じさせるような、痺れるような騎乗です。

 

 

コチラから読者登録よろしくお願いします!

 

 

それでは本日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

田原誠一

スポンサーリンク