スポンサーリンク

日経賞・毎日杯 予想

スポンサーリンク

こんにちは、田原誠一です。

 

みなさん花粉はどうでしょうか。

毎年の花粉の量にもよりますが今年もやはりきついですね。

僕は肌が弱いので顔がピリピリと痛いです。

f:id:seiichi-tabara:20190322161740j:plain

さて、今日は3月23日(土)に行われるGⅡ日経賞とGⅢ毎日杯の予想をしていきます。

日経賞 GⅡ(中山 芝 2500m)

天皇賞・春に向けた重要な前哨戦と位置づけられている日経賞。

今年はどの馬が春の大一番に駒を進めるのでしょうか。

中山の2500。クセのあるコースですね(笑)

 

僕の本命はエタリオウです。

ここでは1頭、力が違うと考えています。

ダービーでは鋭い末脚で0.2秒差まで差し込み、

菊花賞では惜しくもハナ差でG1タイトルを逃しました。

菊花賞以来の久々のレースとなりますし、舞台は中山の2500。

ただではすまない雰囲気は十分にありますが、まわりの馬を見るとこの馬以外を本命にはできません。

相手にはメイショウテッコン、ゴーフォザサミット、ルックトゥワイス、チェスナットコート、クリンチャーを選びます。

毎日杯 GⅢ(阪神 芝 1800m)

こちらはクラシック路線に向けた3歳馬達の戦いです。

過去にはテイエムオペラオー、キングカメハメハ、ディープスカイ、キズナ等錚々たるメンバーが勝ち馬としてその名を刻んでいます。

 

さて僕はこのレース、物凄く荒れる予感がします(笑)

現在予想1番人気のヴァンドギャルドですが、これまでの実績を見るになんとも心もとない1番人気。

前走のきさらぎ賞も不甲斐ない走りでした。

ルメールジョッキーが乗ることで馬が大きく変わる可能性はもちろんありますが、

なんとも怪しい1番人気と言わざるを得ません。

かと言って他馬で抜けたように見える馬がいるかというと、これがなかなか見当たらない(笑)

まだまだ秘めた力を隠されている馬がいるはずなのですが、いかんせん情報が少ないのがこの時期の3歳戦です。

 

僕の本命ですが…

マイネルフラップです。前走、前々走と強い競馬をしています。

相手にはランスオブプラーナ、ウーリリ、オールイズウェル、ヴァンドギャルドを選びます。

 

それにしても荒れそうな予感がプンプンするレースです(笑)

もしかしたらとんでもない穴馬のニュースターが現れるかもしれません。

 それでは明日のスタートを待ちましょう。

 

 

 コチラから読者登録よろしくお願いします!

 

 

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

田原誠一

 

 

スポンサーリンク