スポンサーリンク

人生を好転させるには 「人生は自分の望んでいる方向へ向かう」

スポンサーリンク

こんにちは、田原誠一です。

 

 

今日は僕の過去の経験を踏まえて、

 

 

「人生は自分の望んでいる方向へ向かっていく」

 

「人生は自分が心の奥底で本当に願っている方向へ向かう」

 

ということについてお話します。

 

 

自分が何を望んでいるのかを知る 

今達成することが難しいように思えても、

自分がやりたいことをやろうとすれば、

人生は自分を後押ししてくれるように好転していきます。

 

そのためには

まずは自分は本当はなにをやりたいのか、

なにを望んでいるのかを正確に知る必要があります。


自分が本当に望んでいることが何なのかを

実際は自分の顕在意識でわかっていないという方が多いように思います。


僕自身もそうでした。

 

例えば「お金持ちになりたい」と言い続けながら、貧乏なまま、何も行動を変えない人。

 

本当にお金持ちになりたいと願い、望むのなら、行動は自ずと変わってきます。

お金を自分の方に呼び寄せるように行動が変わっていきます。

しかしなにも行動を変えないというのはどういうことかというと、

それは「お金持ちになりたい」と思ってなんかいなくて、このままでいたいと心の奥底では思っているのです。

なぜなら心の奥底で望んでいること、

本当に望んでいる環境にいると人はとても居心地が良いからです。


人間は自分が本当に望んでいることがあれば、

それに見合うように状況が変わっていきます。

 

これはほかのどんなことに置き換えてみても同じことが言えます。

 

例えば恋愛や交友関係でもそうです。

「この人とこのまま付き合っていていいのだろうか」

そう思いながら、

ズルズルと一緒にいる、というパターンは

恋愛をはじめとして人間関係全般においてよくある事ですよね。



人生を好転させるためには、

まずは自分が本当に望んでいることがなんなのかをしっかりと見極める必要があります。


その為にはどうすればいいのか。


僕自身が有効だったのは、

ノートに自分の思っていること、考えていること、頭の中に今浮かんでいることを片っ端から書いていくことでした。


文脈も脈絡も気にしなくて大丈夫です。

今頭に思い浮かんでいることをただひたすらに書いていくのです。


例えば、

「今日の夕食は何にしようかな。

あ、もうすぐ彼女が家に来る時間だな、

あれ?  そういえばあの映画の公開日はいつだっけ?」

という感じで人の頭の中では目まぐるしく色々な情報や感情が行き交っていますが、

それをそのままノートに書いていくのです。



しっかりと考えながらでもいいし、

オススメなのは思ったこと感じたこと、

頭の中にその瞬間に思い浮かんだことを

文字通りそのまま書いていくことです。


一度やってみてください。

信じられないくらい頭と心がすっきりとします。


そしてそれをできれば毎日続けてください。


毎日続けているうちに、

1週間もするとノートに書かないことが耐えられなくなります。


そうしてそうなった頃には少しずつ、

自分が本当にやりたかったことがなんだったのか、見えてきます。


自分では気付かなかった意外な自分に気づきます。


僕自身、自分は本当はこういうことがやりたかったんだ、

こうしたかったんだ、

そんな風に新しい発見が数えられないくらいありました。


そして自分がやりたかったことに対して蓋をしていたことにも気付きました。


どうせ俺にはできないとか、

今はそれどころじゃないとか、

色んな理由をつけて目を背けていた本当に自分が望んでいたたくさんのことを、

実際に僕はひとつひとつ達成してきました。


ぜひやってみてください。


それでは本日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

田原誠一



スポンサーリンク