スポンサーリンク

服を変えることで人生が変わる…とまぁ、そんな大仰な話ではありませんが…

スポンサーリンク

こんにちは、田原誠一です。

f:id:seiichi-tabara:20190509200418j:plain
今日お話しするテーマは服のお話。
「服を変えることで人生が変わる」
とまぁ、そこまで大仰な話ではありませんが…

 

自分は気が付けば長いこと服を買っていませんでした。
もともとが自分は何着か気に入った服があれば、
それをルーティンのように着続けるところがあります。
ここ最近も
黒いジャンパー→ジージャン→黒いジャンパー→ジージャン…


しかしここ最近はさすがにほとほと飽き飽きしてきてましたし、
気候もいよいよ本格的に暖かくなってきましたので、
この週末は服を買いに行こうと思っています。
それにしても自分に服欲が出てくるのは珍しいことです。

服を変えると出る影響は?

服を変える事でどんな影響があるのでしょうか。
専門的なことはわからないので、
軽いタッチで調べてみました。

服はやる気のスイッチになる

どうも人にとって服というのはものすごく影響力があるようです。
着る服ひとつで気持ちが大きく切り替わり、
仕事モードになったり、リラックスモードになったり、
やる気のスイッチにもなるようです。

そういえば昔、
看護師の友人が、
「制服を着ている時は平気で汚いものを触れるのに、
私服になるとダメだ」
と言っていたことを思い出しました。
確かに、パジャマを着ている時と
スーツを着ている時では気持ちが全然違いますね。

新しい服は気分転換になる

そりゃあそうでしょう、気分も変わるでしょう。
新しい服を着て、ましてやそれが気に入った服であれば、
それだけで気分が上がりそうです。
なんで自分は同じ服に固執してたのかもはや謎です。

 

軽いタッチとはいえ、
調べてはみたのですが…
なんというかこう、自分が求めていたような答えはあまりありませんでした(笑)
もちろんしっかり専門的に調べたら、色々と理解できるんだと思います。

なにを基準にして服を買うのか

いざ服を買うと言っても、何を判断基準にして服を買うのか。
ファッション誌でしょうか?
ファッション系のネットでしょうか?
皆さんそれぞれの基準があると思います。
自分なりのお気に入りの参考にしているものがあると思います。
だいたい自分の場合は服屋さんに直接出向いて、
気に入ったものがあれば
試着して、似合うと思えば買う、という感じです。


しかしその「自分で似合うかどうか」
というのもあまり良くない判断かも知れませんね。
自分にとってはほんの少し突飛な、
「こんなの絶対似合わんやろ」くらいの服に挑戦するのも
いいかなぁ、というか今回は挑戦したいなと思っています。 

 

スポンサーリンク