スポンサーリンク

弥生賞(中山)予想 チューリップ賞 オーシャンステークス 振り返り

スポンサーリンク

こんにちは、田原誠一です。

 

 

中央競馬ではチューリップ賞オーシャンステークスが行われました。

 

チューリップ賞は断然1番人気のダノンファンタジーが人気に応えて堂々の勝利。

 

僕の馬券的にはドナウデルタがあと一歩粘ってくれれば大きな配当があったのですが、

そのあと一歩が及ばずでした(笑)

シゲルピンクダイヤは最後はあわや差し切るかと思わせるすごい脚を見せましたが、

ここはやはりダノンファンタジーの力が一枚上でしたね。

そして鞍上の川田ジョッキーの安定感といったらないですね。本当に凄いジョッキーです。

 

 

オーシャンステークスでは

さすがルメールさん、きっちりとモズスーパーフレアを重賞勝ち馬にしました。

僕はこのレースは本命のカイザーメランジェよりも

特注穴馬としたショウナンアンセムに注目して見ていたのですが…

4角を回って来るときには

すごくいい位置に上がって来ていて

残り100m位までは期待したのですが…(笑)

 

勝った馬とナックビーナスの二頭は

力が抜けていましたね。

今回はとにかく前に行ける脚がないと勝負に参加できないレースでした。

カイザーメランジェにとってはなにもさせてもらえないレースになりました。

 

 

さて今日は中山1レースで落馬事故が発生しています。

北村宏ジョッキーと木幡育ジョッキーの状態が大変心配です。

特に北村宏ジョッキーはかなりの重症とネットでは伝わってきていますので非常に心配です。

新たな情報を待ちたいと思います。

僕は競馬が好きですが、

こういう悲惨な事故が起こるのも競馬です。

人馬ともに無事に完走することがいかに大事なことかと改めて思います。

 

 

 

 

弥生賞 (中山 芝 2000m)

 

明日の中山ではクラシック戦線に直結する重要なトライアル競走、弥生賞が行われます。

 

本命はシュヴァルツリーゼです。

ハーツクライに母父モンズン、

前走の末脚も強烈でした。

鞍上は追える男石橋脩ジョッキー。

ちなみに僕はこの「追える男」という表現が好きです(笑)

競馬で追わない騎手なんているはずがないのに、追えるという表現は不思議だと思います。

競泳における「泳げる男」とか

ラソンに置き換えると「走れる男」

といったところでしょうか(笑)

仕事が出来る男、みたいなイメージで捉えるとわからなくもないのですが。

 

石橋脩ジョッキーはとにかく追えます(笑)

いや、真剣に石橋脩ジョッキーの追い方は気迫があります。

 

シュヴァルツリーゼは美浦の名門堀厩舎の管理馬です。ここで好勝負すれば当然今年のクラシック路線の主役争いに名乗りを上げる形になります。

ぜひ期待したいです。

相手にはこちらもモンズンの血を持つラストドラフト、ディープインパクト産駒であり

昨年のダービー馬ワグネリアンの全弟カントルを選びました。

 

 

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

田原誠一

 

スポンサーリンク