スポンサーリンク

中山記念 阪急杯 振り返り

スポンサーリンク

こんにちは、田原誠一です。

 

 

昨日は中山記念阪急杯の予想をしましたが

一応どちらも的中することができました(笑)

 

 

僕の本命馬は

中山記念ステルヴィオ

阪急杯レッツゴードンキ

 

 

さて、まずは中山記念ですが

勝ち馬のウィンブライトは強かったです。

5頭ものG1馬達をねじ伏せての勝利。

中山巧者とはいえ、このメンバーで勝ちきるというのは凄いことです。

ウィンブライトの父ステイゴールドはこれで産駒が中央競馬重賞100勝を達成しました。

これからは当然上のステップ、つまりG1の大舞台を目指していく思います。

G1となるとレースの厳しさが段違いに変わるためどこまで伸びるかまだわかりませんが、今日の勝ち方は今後を楽しみにさせる競馬でした。

ステイゴールド同様の年齢を増すごとに強くなっていくタイプのキャラクターなのかもしれませんね。

 

驚いたのはラッキーライラックです。

惜しい2着となりましたが

先頭のマルターズアポジーが大逃げを打つハイペースにただ一頭果敢に詰め寄り、

直線を向いてからは他馬をぶっちぎるような勢いでした。

最後は勝ち馬に差されたものの今日の競馬は

この馬も今後が楽しみになる競馬でした。

 

僕の本命のステルヴィオ

惜しい3着でしたが勝ち馬には完全に負けた形だと思います。

4コーナーでの位置取りから勝ち馬の外を回されてしまい、勝ち馬と内外逆の位置取りであれば2着はあったと思います。

丸山ジョッキーはスタートも抜群に良く、

最後までうまく足を伸ばす差し込みを見せてこの馬の特性を十分に引き出す好騎乗でした。

ここは始動戦です。

これからの大舞台にまた期待します。

 

 

 

続いては阪急杯です。

 

僕の大好きなレッツゴードンキ

直線渋とく伸びましたが

最後は大外最後方からの末脚に賭けた勝ち馬スマートオーディンに飲み込まれてしまいました。

スタートは良かったのですが、

やはりスプリント1200がこの馬のベストだと思います。

かかるドンキを岩田ジョッキーがうまくなだめながら走る姿は今日はゾクゾクしました。

 

それにしても勝ち馬スマートオーディンには驚きました。

もとはといえばクラシック戦線で一線級としのぎを削っていた男。2016年のダービー馬の候補の一角でした。

2年のブランクを経て現場に戻ってきた後はさすがにもうきついのかなと思っていましたが…

こういう復活劇は感動します。

「俺を忘れてもらっちゃ困るぜ」と言わんばかりの強烈な末脚でした。

ぜひまたG1の舞台で活躍してもらいたいです。

鞍上の藤岡佑ジョッキーもかなり安定感があるなと思いました。

 

こういうドラマティックなことがあるから

競馬は面白いんですよね。

競馬を知らなかった頃は

ただのギャンブルとしての認識しかありませんでしたが、

競馬を見続けているといつからかそこには様々なドラマがある事に気がつきます。

 

 

僕は競馬以外のギャンブルはしませんが、

そういう意味ではあまり競馬をギャンブルだと捉えていないのかもしれません。

 

 

さて昨日に引き続き競馬のお話になりました。

今日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

 

田原誠一

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク